公開日: |最終更新日時:

Hi-PerBT モバイル給与

給与明細電子配信システム市場で、"市場シェアNo.1"(2019年12月末時点累計導入実績)を獲得し、2020年4月時点で1300社の導入実績があるHi-PerBT モバイル給与。その特徴や機能、費用や口コミなどを紹介します。

株式会社 日立ソリューションズ西日本のHPキャプチャ画像
引用元:株式会社 日立ソリューションズ西日本公式HP
(https://www.hitachi-solutions-west.co.jp/products/general_affairs/mkyuyo/)

Hi-PerBT モバイル給与web給与明細の特徴

  • 電子明細配信システムで作業削減

Hi-PerBT モバイル給与(以下、「モバ給」)はスマートフォンやパソコンを持つ従業員に給与明細を配信することができるシステムです。手作業による配布ミスや紛失を防止し、個別郵送の手間を削減します。さらにはGUIツールで帳票を追加することで、給与明細以外にも勤務シフト表、社会保険関連帳票等の帳票配布、またユーザからの申請などにも広く活用することができます。また、モバ給導入でメールアドレスの管理業務が不要になります。

  • 明細書の受け取りを自由選択

スマホ、パソコン上でのweb明細閲覧、メールでの受信、PDFファイルでダウンロードなど、なんと9通りの明細受け取り方法が選択できます。モバ給を利用することで用紙や配布コストを削減しすることができ、全社をあげてのCO2削減に対する取り組み推進にも最適です。また、セキュリティーにも配慮しています。

 Hi-PerBT モバイル給与の費用

  • 初期費用:記載なし
  • 導入費用:要見積もり
  • その他の費用:記載なし

お試しも初期費用も無料
おすすめのWeb給与明細
システム
3社で徹底比較

Hi-PerBT モバイル給与の機能

管理者側の機能

  • 作成データだけでなく他システムから抽出した明細データも自動登録
  • 申告書やアンケート結果等をCSV形式で取得、提出状況も管理
  • ユーザ情報を自動登録、削除などの一括ユーザ管理
  • 明細レイアウトの自由作成が可能
  • ユーザのログファイルを保存

管理者側の機能のメリット

ユーザ情報を一括で管理し、給与明細以外にもユーザを条件で絞って一斉メールを送る、様々な帳票を自由に作れるなどの多様性を持っています。

従業員側の機能

様々な明細をブラウザでいつでも確認可能

各種申請やアンケート回答ができる

明細の保存・印刷が可能

画面表示とメッセージを英語へも切替可

従業員側の機能のメリット

給与や源泉徴収の明細をいつでもどこでも確認でき、他人に見られる心配がありません。また、会社が作成していれば勤務シフト表などの閲覧もできます。アンケート提出や申請が手間なく行えるのも利点です。

Hi-PerBT モバイル給与の セキュリティ機能

モバ給ではログインID/PW管理によるセキュリティ対策を行っています。また、管理者側でパスワードの変更や使いまわし禁止などの管理を行えます。

Hi-PerBT モバイル給与の 導入サポート

Hi-PerBT モバイル給与の 導入サポートに関する記載はありませんでした。

サポートの特徴

サポートに関する記載はありませんでした。

Hi-PerBT モバイル給与の 導入事例

170拠点4000人以上の給与明細を手渡ししていましたが、モバ給の導入でこれらの手間がゼロになりました。

銀行・参照元:日立ソリューションズ西日本公式HP(https://www.hitachi-solutions-west.co.jp/products/general_affairs/mkyuyo/case/)

アルバイトが多い業種なので特に毎月の給与明細に関する手間とコストがかかるのが問題でしたが、モバ給によりどちらも大幅に減縮することができました。

石油関係販売・参照元:同上

従業員が国内外含めて17,000人と膨大で、雇用形態も様々、またお中元やお歳暮の時期には臨時雇用が必要と、給与明細業務の担当者の負担が大変で業務効率の改善が必須でした、モバ給は電子化への抵抗が少ないということでスピーディーに導入の運びとなりました。配布の手間が軽減されたと現場で好評です。

百貨店・参照元:同上

事業が24時間体制でほぼ常に外出している従業員を多く抱えており、給与の手渡しは大変な労力でした。無駄なコストをかけずに済み、一気に導入できるオールインワンの機能で、膨大な印刷・仕分け作業、給与関係業務などの山積みだった課題が一気に解決しました。

(放送局・参照元:同上)

Hi-PerBT モバイル給与の口コミ

過去の明細や有休の残日数も確認できる

明細のネット受取はもちろん、過去の明細や該当付きの勤務日数、有給休暇の残日数なども確認できるので重宝しています。源泉徴収票も見られ、年間所得を確認できるのも便利です。

参照元:ITReview(https://www.itreview.jp/products/mobairukyuyomeisaihaishinsabisu/reviews#review-39933)

Hi-PerBT モバイル給与のSNS上の口コミ

SNS上にHi-PerBT モバイル給与の口コミはありませんでした。

初期費用も無料
WEB給与明細に対応する
おすすめの労務システム

Web給与明細に対応するシステムのうち、無料のお試し期間があり、本導入の初期費用も無料、セキュリティ対策において第三者機関による「ISO/IEC27001」の認証を取得しているシステムを厳選して紹介します。

オフィスステーション
運用費用
1人あたり
50円/月額
CSV形式の
データ可能なソフト
無料お試し 30日
導入のサポート
  • 電話サポート
  • メールサポート
  • 初期導入マニュアル
セキュリティ対策
(一例)
●第三者機関の
認証取得
●二重認証
●通信データ暗号化
その他多数の対策
ジョブカン
運用費用
1人あたり
400円/月額※1
CSV形式の
データ可能なソフト
無料お試し 30日
導入のサポート
  • 電話サポート
  • チャットサポート
  • 初期導入マニュアル
セキュリティ対策
(一例)
●第三者機関の
認証取得
●IPアドレス制限
●通信データ暗号化
その他多数の対策
SmartHR
運用費用
1人あたり
750円/月額※2
CSV形式の
データ可能なソフト
無料お試し 15日
導入のサポート
  • チャットサポート
セキュリティ対策
(一例)
●第三者機関の
認証取得
●通信データ暗号化
●二段階認証
その他多数の対策

※比較表のデータは公式サイトの情報を元に記載しております。(2020年8月調査時点)
※1:使用人数の制限や使用できる機能の制限がないプランの料金
※2:会社規模を300人とした場合の「スタンダードプラン」の料金(自社調べ)