公開日: |最終更新日時:

給与大臣NX

綿密な作業が必要になる給与・年末調整の計算を正確かつ簡単に行える「給与大臣NX」について、給与計算ソフトとしてのメリットや特徴、口コミをまとめました。

応研株式会社のHPキャプチャ画像
引用元:応研株式会社公式HP
(http://www.ohken.co.jp/product/kyuyo/)

給与大臣NXの特徴

分かりやすくシンプルな操作性

大きくてシンプルな画面表示が用意されている給与大臣NXは、とにかく使いやすい点に重きを置いて設計されています。マウスとキーボードを利用した直観的な操作性を持つインターフェースは、PCやソフトウェアの利用になじみがない人でも気軽に使えるように配慮。初心者でも簡単に覚えられる他、熟練者にはスピーディな操作が行えます。

法改正にもスピーディに対応

近年は税制改正や社会保険制度改正など、法改正が目まぐるしく行われています。給与大臣NXではそんな法改正にもスピーディに対応可能であり、プログラム更新によって自動的に適切な対処が実現されています。最新情報の提供や各種セミナーの開催といったサポートも丁寧に行われているため、使用中にトラブルが発生するリスクが限りなく低いのが特徴。

勤怠項目の入力だけで自動計算

給与明細のデータをそのまま入力画面に入力するだけで、あらゆる項目が自動で計算されます。支給控除項目は自動計算され、登録された計算式から結果を表示。出力帳票の種類もそろっており、手軽に欲しいデータをそろえられます。

給与大臣NXの費用

  • 初期費用:記載なし
  • 導入費用:記載なし
  • その他の費用

■本体価格 スタンドアロン220,000円(税込)
■本体価格 ピア・ツー・ピア385,000円(税込)

お試しも初期費用も無料
おすすめのWeb給与明細
システム
3社で徹底比較

給与大臣NXの機能

管理者側の機能

  • 社員登録
  • タイムカード集計
  • 勤怠支給控除一覧表
  • 銀行振り込み処理
  • 社会保険
  • 労働保険
  • 年末調整
  • 有給休暇管理
  • 昇給・賞与シミュレーション

管理者側のメリット

給与明細の管理やタイムカードの集計といった日常業務をはじめ、年末調整までを一つのソフトで全般的に管理できる点がメリット。昇給や賞与のシミュレーション機能もあり、会社全体の改善にもつなげられるでしょう。年末調整には整合性チェックや自動判定といった、自動化システムも組み込まれています。

従業員側の機能

  • 社員ごとに入力が許可された範囲のデータ入力が可能(年末調整など)

給与大臣NXのセキュリティ機能

  • データロック・パスワード
  • グループメンバー設定
  • データ管理
  • ログ管理
  • ジョブ管理

給与大臣NXの導入サポート

無料体験会も実施

  • 個別・オンライン体験会
  • 「大臣シリーズ」との連携
  • 法改正への対応

サポートの特徴

給与大臣NXをはじめ、大臣シリーズのソフトウェアは無料体験会が実施されています。機能説明や導入前のポイント紹介により、機能や運用方法を事前に知ることができます。希望のシステムを体験できる他、質疑応答もあるためスムーズな導入が期待できるでしょう。

給与大臣NXの導入事例

公式HPに記載なし

給与大臣NXの口コミ

公式HPに記載なし

給与大臣NのSNS上の口コミ

SNS上に給与大臣Nの口コミはありませんでした。

初期費用も無料
WEB給与明細に対応する
おすすめの労務システム

Web給与明細に対応するシステムのうち、無料のお試し期間があり、本導入の初期費用も無料、セキュリティ対策において第三者機関による「ISO/IEC27001」の認証を取得しているシステムを厳選して紹介します。

オフィスステーション
運用費用
1人あたり
50円/月額
CSV形式の
データ可能なソフト
無料お試し 30日
導入のサポート
  • 電話サポート
  • メールサポート
  • 初期導入マニュアル
セキュリティ対策
(一例)
●第三者機関の
認証取得
●二重認証
●通信データ暗号化
その他多数の対策
ジョブカン
運用費用
1人あたり
400円/月額※1
CSV形式の
データ可能なソフト
無料お試し 30日
導入のサポート
  • 電話サポート
  • チャットサポート
  • 初期導入マニュアル
セキュリティ対策
(一例)
●第三者機関の
認証取得
●IPアドレス制限
●通信データ暗号化
その他多数の対策
SmartHR
運用費用
1人あたり
750円/月額※2
CSV形式の
データ可能なソフト
無料お試し 15日
導入のサポート
  • チャットサポート
セキュリティ対策
(一例)
●第三者機関の
認証取得
●通信データ暗号化
●二段階認証
その他多数の対策

※比較表のデータは公式サイトの情報を元に記載しております。(2020年8月調査時点)
※1:使用人数の制限や使用できる機能の制限がないプランの料金
※2:会社規模を300人とした場合の「スタンダードプラン」の料金(自社調べ)