公開日: |最終更新日時:

人事労務freee

「人事労務freee」は給与計算はもちろん、勤怠管理、年末調整など人事労務を簡単に行えるクラウド人事労務ソフトで、労務管理業務を効率化する機能を兼ね備えています。具体的にどんな機能を持っているかご紹介します。

freee株式会社のHPキャプチャ画像
引用元:freee株式会社公式HP(https://www.freee.co.jp/hr/)

人事労務freeeの特徴

ワンクリックで給与明細を作成

従業員情報と勤怠データがあれば、自動で給与や控除額を計算し、ワンクリックで書類を作成できます。給与計算のミスは避けたいトラブルですが、計算で使用する数字は毎月変動がありますし、計算式も複雑です。

人事労務Freeeは、クラウドによるリアルタイムの労働時間を集計し、各従業員の残業時間も把握した給与計算を行います。計算結果もチェックできるため、見直しや計算の根拠もしっかり確認できます。

給与明細以外にも労務管理で必要な書類を一括で出力

給与明細以外に労務管理の必要書類を一括で出力できます。所得税徴収高計算書も、半年に1回、または毎月10日までに税務署に提出しなければなりません。賃金の金額が大幅に変更となれば、月額変更届も必要です。

従業員の1年間の給与支給額や社会保険に関する控除額を記載するための台帳も作成しなければなりません。給与明細以外に作成する書類はたくさんあります。人事労務freeeは給与明細以外の書類も一括出力が可能で、人事労務に関連する業務全体を最適化できるのです。

webを使って給与振込を一括で行える

人事労務freeeは複数従業員でも給与の一括振込ができます。計算した給与や賞与額と従業員の給与振込先口座の情報を合わせた一括振込ができる「総合振込依頼ファイル」を作成できるからです。

従業員が1人や2人程度なら作業の負担も軽いですが、何十人もいる企業だと大変です。給与振込の手続きが簡単にできるため、時間や労力のコストを大幅に減らせます。単純に明細の作成を楽にするだけではなく、自動給与計算、web振込まで担当者の負担を減らせるのが人為労務freeeなのです。

人事労務freeeの費用

初期費用:要問合せ

導入費用:

ミニマムプラン
■年額プラン
1ヶ月あたり1,980円~(税抜)23,760円~/年(税抜)
■月額プラン2,200円~

ベーシックプラン
■年額プラン
1ヶ月あたり3,980円~(税抜)
47,760円~/年(税抜)
■ 月額プラン
4,480円~

プロフェッショナルプラン
■年額プラン
1ヶ月あたり8,080円~(税抜)96,960円~/年(税抜)
■ 月額プラン
9,280円~

エンタープライズプラン
■年額プラン
要問合せ

※その他の費用:
ミニマムプラン:従業員追加月額 300円/人(税抜)
ベーシックプラン:従業員追加月額 500円/人(税抜)
プロフェッショナルプラン:従業員追加月額 700円/人(税抜)
エンタープライズプラン:従業員追加要問合せ
電話サポートオプション1,980円 / 月(税抜)※年間一括払いのみ

人事労務freeeの機能

管理者側の機能

  • 給与計算
  • 年末調整
  • 勤怠管理
  • 人事マスタ
  • 権限管理
  • 労務手続き
  • サポート

※プランによってできる・できないが変わります

管理者側のメリット

毎月の給与計算に関する負担を軽くできます。プランのグレードが上がれば勤怠管理や年末調整や人事に関することも増加。会社の規模などに合わせ、給与計算等の課題を解決できるプランを設けています。

また、最新の制度に準拠できるようにソフトの自動アップデート機能もありますし、従業員との書類のやり取りも簡単。自動バックアップ機能もついています。

従業員側の機能

  • 各自のモバイルアプリから勤怠打刻、有給管理ができる
  • 位置情報記録
  • 1クリックで出退勤や休憩時間の打刻ができるタイムレコーダー機能
  • 勤怠申請の妥当性を自動でチェックする勤怠ワークフロー

人事労務freeeのセキュリティ機能

  • 自動でバックアップ
  • 国内シェア No.1 の AWS を利用しデータを厳重に管理
  • 金融機関レベルの 256bit SSL 通信方式を採用
  • 国際的な認証 TRUSTe を取得

人事労務freeeの導入サポート

チャット・メール・電話などで丁寧なサポート

  • チャットサポート
  • メールサポート
  • 電話サポート

サポートの特徴

使い方に悩んでも「チャット」「メール」「電話」によるサポートがあります。対応するのは経験豊富なスタッフで、給与や労務事務の相談が可能です。チャットはちょっとした質問、メールなら複数の質問に対応できます。文章ではむずかしい質問も電話サポートがあるため安心です。

人事労務freeeの導入事例

初期設定も簡単で充実のサポート

初期設定も簡単ですし給与計算の知識が不足しても始められました。サポートの方も意図を汲み取ってくれて、さまざまな情報提供をしてもらえたのでよかったです。

参照元:人事労務freee公式HP(https://www.freee.co.jp/hr/index2.html)

ペーパーレスで年末調整もスムーズ

以前は紙の回収作業に時間がかかり大変でした。導入後はすべてペーパーレス。年末調整もスムーズです。

参照元:人事労務freee公式HP(https://www.freee.co.jp/hr/index2.html)

人事労務freeeの口コミ

年末調整作業の負担が減りました

年末調整作業で資料収集や入力作業も省略できました。給与計算と支払いデータも作成できます。時間の効率化や支払いがスムーズにできました。

参照元:ITreview(https://www.itreview.jp/products/jinjiromu-freee/reviews#review-55867)

ペーパーレス化で業務改善ができました

ペーパーレス化は大きいです。専用プリンタ設備も不要になりましたし、配付ミスや在宅勤務者への明細配付のむずかしさもなくなりました。

参照元:ITreview(https://www.itreview.jp/products/jinjiromu-freee/reviews#review-55867)

人事労務freeeのSNS上の口コミ

社労士がいなくてもfreeeで給与計算ができる

freeeで給与管理してて年末調整もできるっぽいのは分かってたのですが、3月まで前の会社にいて源泉徴収票が分かれてるから無理かなーと思ってたけど全部freeeでいけました。

提出書類もそのまま出力すればいいっぽい。社労士なしで出来るのは凄い

参照元:Twitter(https://twitter.com/a2see/status/1217024256132861952)

freeeを導入してから手間が省けた

freeeで自社(5名規模)の経理やると、週1回5分程度いじるだけで終わるので、freeeの爆発力って本当に凄い。売上の取引先管理や経費の品目管理も完璧です。

参照元:Twitter(https://twitter.com/yk69577533/status/1366954004643647488)

初期費用も無料
WEB給与明細に対応する
おすすめの労務システム

Web給与明細に対応するシステムのうち、無料のお試し期間があり、本導入の初期費用も無料、セキュリティ対策において第三者機関による「ISO/IEC27001」の認証を取得しているシステムを厳選して紹介します。

オフィスステーション
運用費用
1人あたり
50円/月額
CSV形式の
データ可能なソフト
無料お試し 30日
導入のサポート
  • 電話サポート
  • メールサポート
  • 初期導入マニュアル
セキュリティ対策
(一例)
●第三者機関の
認証取得
●二重認証
●通信データ暗号化
その他多数の対策
ジョブカン
運用費用
1人あたり
400円/月額※1
CSV形式の
データ可能なソフト
無料お試し 30日
導入のサポート
  • 電話サポート
  • チャットサポート
  • 初期導入マニュアル
セキュリティ対策
(一例)
●第三者機関の
認証取得
●IPアドレス制限
●通信データ暗号化
その他多数の対策
SmartHR
運用費用
1人あたり
750円/月額※2
CSV形式の
データ可能なソフト
無料お試し 15日
導入のサポート
  • チャットサポート
セキュリティ対策
(一例)
●第三者機関の
認証取得
●通信データ暗号化
●二段階認証
その他多数の対策

※比較表のデータは公式サイトの情報を元に記載しております。(2020年8月調査時点)
※1:使用人数の制限や使用できる機能の制限がないプランの料金
※2:会社規模を300人とした場合の「スタンダードプラン」の料金(自社調べ)