初めての企業でも安心!Web給与明細システムナビ » web給与明細の導入で解決できる事例

公開日:|最終更新日時:

web給与明細の導入で解決できる事例

Web給与明細システムで作業することで、手間のかかる色々な人事労務業務を一気に解決することが可能! 導入した企業の事例をもとに、効率化に成功した業務内容などをまとめて、詳しく紹介しています。

web給与明細で解決できる給与明細にまつわる作業事例

給与明細の保管や再発行

書面で給与明細を発行し管理をおこなっていると、どうしても従業員が給与明細を紛失してしまったり、証明書として必要になって再発行の手配をお願いされることがあります。 これはどの企業でもよくある業務だと思いますが、再発行について法律では義務は定められていません。 そこで、従業員からどのようなケースで再発行の要望があるのか、給与明細を上手に管理していくためのノウハウをまとめてみました。 また、給与明細を電子化してくれるシステムの利便性や特性についても紹介しています。

給与明細の保管や再発行について
詳しく見る

テレワーク、リモートワーク中の給与明細の発行

テレワークの急増により、Web給与明細の必要性や需要が高まってきています。 そこで、ここ数か月で企業テレワークが急増した理由や、ペーパーレスの必要性、押印システムによる業務の生産性について調べてみました。 また、従来の書面の給与明細が非効率になってしまう事例や、給与明細の電子化を進めることで、テレワーク自体の効率化が見込めるのか、さまざなま実例に基づき検証してみました。 これからのテレワークがより快適で効率よく行えるように、さまざまなペーパーレス化を検討していきましょう。

テレワーク中の給与明細発行について
詳しく見る

手当や法改定による給与明細に記載する項目の変更

給与計算は法改正や税率の変更、手当などによって変更事項が生じるため、毎月一人づつチェックしていきます。 これらの作業は、従業員の給与に関わる重要な業務なので、担当者はとても神経のいる作業を行わなければならず、精神的にも大きな負担がかかります。 今では、給与計算ソフトを導入している企業がほとんど。 給与計算に関わる変更点を自動的に算出し、給与明細データに反映してくれるので、今や欠かせないものとなっています。 ここでは、煩わしい給与計算によって毎月の業務に追われていた事例などを掲載。従業員の給与計算で集計しなければならない項目などについても解説しています。

給与明細に記載する項目の変更について
詳しく見る

初期費用も無料
WEB給与明細に対応する
おすすめの労務システム

Web給与明細に対応するシステムのうち、無料のお試し期間があり、本導入の初期費用も無料、セキュリティ対策において第三者機関による「ISO/IEC27001」の認証を取得しているシステムを厳選して紹介します。

オフィスステーション
運用費用
1人あたり
50円/月額
CSV形式の
データ可能なソフト
無料お試し 30日
導入のサポート
  • 電話サポート
  • メールサポート
  • 初期導入マニュアル
セキュリティ対策
(一例)
●第三者機関の
認証取得
●二重認証
●通信データ暗号化
その他多数の対策
ジョブカン
運用費用
1人あたり
400円/月額※1
CSV形式の
データ可能なソフト
無料お試し 30日
導入のサポート
  • 電話サポート
  • チャットサポート
  • 初期導入マニュアル
セキュリティ対策
(一例)
●第三者機関の
認証取得
●IPアドレス制限
●通信データ暗号化
その他多数の対策
SmartHR
運用費用
1人あたり
750円/月額※2
CSV形式の
データ可能なソフト
無料お試し 15日
導入のサポート
  • チャットサポート
セキュリティ対策
(一例)
●第三者機関の
認証取得
●通信データ暗号化
●二段階認証
その他多数の対策

※比較表のデータは公式サイトの情報を元に記載しております。(2020年8月調査時点)
※1:使用人数の制限や使用できる機能の制限がないプランの料金
※2:会社規模を300人とした場合の「スタンダードプラン」の料金(自社調べ)